離婚財産分与、抵当権抹消もご相談ください

焼津市、島田市、静岡市等も対応

オンライン申請(不動産登記・商業登記)・電子定款に対応します。
メールでのお問い合わせにも迅速に対応します。

相続人の中に外国居住者がいるのですが、相続登記できますか?

ご相談

父が、亡くなりました。相続人は、母と、私(長男)と弟(次男)です。父名義の不動産を私名義に相続登記したいのですが、弟は日本国籍ですが、アメリカに居住しているので、印鑑証明書を取得することができません。登記手続をすることはできますか?

ご回答

署名証明が必要になります

遺産分割協議により、取得者を決めた場合には、
(1)遺産分割協議書(又は遺産分割証明書) 
(2)遺産分割協議書(又は遺産分割証明書)に捺印した方の印鑑証明書
が必要になります。

弟さんは、日本に住所がありませんので、印鑑証明書が発行されません。

この場合は、印鑑証明書に代わるものとして、署名証明(サイン証明)が必要となります。
これは本人の署名に間違いない事を証明するもので、大使館・領事館で交付されます。

署名証明(在米日本大使館)
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/syomei/shomei.htm

アメリカの場合は、領事館が各地にあります。管轄地域の一覧は下記のページをご覧下さい。

大使館の領事管轄(在米日本大使館)
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/file/kankatsu.htm

公証人による認証

日本に一時帰国中であれば、公証役場に出向いて、公証人による認証を受ける事により手続をすすめる事もできます。

HOME » 相続 » 相続人の中に外国居住者がいるのですが、相続登記できますか?
このページのトップへ
法律相談は司法書士望月久事務所
静岡県藤枝市、焼津市、島田市、静岡市を対応
電話でのお問い合わせ 無料相談(フォーム)はこちら