離婚財産分与、抵当権抹消もご相談ください

焼津市、島田市、静岡市等も対応

オンライン申請(不動産登記・商業登記)・電子定款に対応します。
メールでのお問い合わせにも迅速に対応します。

抵当権や差押えが付いている不動産は、購入してはいけませんか?

ご相談

知り合いに「抵当権や差押えが付いている不動産は、危険なので購入してはいけない」と言われました。本当ですか?

ご回答

抵当権や差押えが付いたまま、所有権移転登記を受けるような場合は、危険ですが、通常は、所有権移転の前、もしくは同時に、上記の権利を抹消します。

抵当権

住宅ローンや事業性資金の債務がある場合、不動産には、抵当権が設定されている事は頻繁に見受けられます。
抵当権が設定された状態で、売買契約が締結される事も、珍しい事ではありません。
このような場合、通常は、代金決済をする時点で、司法書士が立ち会って、抵当権抹消のための書類を確認します。
抵当権付のまま売買するような特殊なケースを除き、司法書士は、抵当権を抹消できる状態にある事を確認できなければ、代金決済についてGOサインを出しません。
抵当権が付いているから危ないという事はないと思います。

差押え

差押えは、ローンの支払いが滞った場合や、税金の滞納がある場合になされます。
所有者の状況はかなり悪いと考えられます。
このような場合でも、抵当権と同様、代金決済をする時点で、司法書士が立ち会って、差押えの取り下げが可能な状況かどうかを確認します。確認した上で、手続を進めます。

なお、上記は、通常の売買の場合で、裁判所による競売手続において競落した場合は、抵当権や差押えの抹消手続きは、裁判所が法務局に嘱託する事により行われます。

HOME » 不動産売買 » 抵当権や差押えが付いている不動産は、購入してはいけませんか?
このページのトップへ
法律相談は司法書士望月久事務所
静岡県藤枝市、焼津市、島田市、静岡市を対応
電話でのお問い合わせ 無料相談(フォーム)はこちら