離婚財産分与、抵当権抹消もご相談ください

焼津市、島田市、静岡市等も対応

オンライン申請(不動産登記・商業登記)・電子定款に対応します。
メールでのお問い合わせにも迅速に対応します。

住所変更登記をせずに、そのまま抵当権を抹消できますか?

ご相談

私は、叔父からお金を借りて、その担保のため、抵当権を設定しました。
抵当権設定の時以降に、私も叔父も住所が変わっているのですが、登記簿上は古い住所のままです。

住所変更登記をせずに、そのまま抵当権を抹消できますか?

ご回答

あなたの住所変更登記(所有権登記名義人表示変更)は、省略できません。

登記権利者である、あなたの現住所と、登記簿上の表示が一致しないので、現在のご住所に変更する登記を申請する必要があります。

抵当権抹消登記申請書の登記権利者の表示が、登記簿上と一致しない場合、表示変更を証する書面を添付しても、当該抹消登記申請は受理されない(登記研究355号)

叔父様の住所変更登記(抵当権登記名義人表示変更)は省略できます。

この場合は、省略できる旨の先例があります。

抵当権の登記を抹消を申請する場合において、その抵当権者の表示に変更が生じているときは、その変更を証する書面を添付すれば、表示変更の登記を省略して、直ちに抹消登記を申請することができる(昭和31年9月20日民甲2202局長通達)。

HOME » 抵当権抹消 » 住所変更登記をせずに、そのまま抵当権を抹消できますか?
このページのトップへ
法律相談は司法書士望月久事務所
静岡県藤枝市、焼津市、島田市、静岡市を対応
電話でのお問い合わせ 無料相談(フォーム)はこちら