離婚財産分与、抵当権抹消もご相談ください

焼津市、島田市、静岡市等も対応

オンライン申請(不動産登記・商業登記)・電子定款に対応します。
メールでのお問い合わせにも迅速に対応します。

建物新築

建物新築後、最初に行う登記は、建物表題登記です。
この登記申請は、通常、土地家屋調査士が代理します。当事務所にて、土地家屋調査士をご紹介することもできます。
建物表題登記の後に、最初にする権利に関する登記が、所有権保存登記です。

所有権保存登記の手続の際の主な必要書類

(1)所有者の住民票の写し
(2)固定資産評価証明書(又は評価通知書)
   ※新築ではなく、数年経過した建物を登記する場合に必要
(3)登記申請を司法書士に委任する場合は、委任状

報酬の目安

所有権保存登記の当事務所の報酬は、1.5万円~2.5万円(税込)くらいの事が多いです。

上記金額に含まれる報酬

  • ご相談
  • 不動産の登記記録の調査
  • (1)(2)の書類取り寄せ
  • 住宅用家屋証明書の取得
  • 登記申請の代理
  • 登記完了後の証明書取得

※不動産の評価額や、個数、その他の事情により報酬が異なります。あくまで目安としてお考え下さい。
※報酬と別に、下記の登録免許税や住宅用家屋証明書・不動産全部事項証明書・インターネット閲覧等のための実費がかかります。

登録免許税の計算

  • 課税価格・・申請物件の固定資産税評価額
            (新築の場合は、「新築建物価格認定基準表」によります)
            ※静岡県内の「新築建物価格認定基準表」はこちら
  • 登録免許税・・課税価格×4/1000
              課税価格×1.5/1000(住宅用家屋) ※住宅用家屋証明書の対象時に限る

※課税価格は1,000円未満切り捨て、登録免許税は100円未満切り捨て

事例のご紹介

このページのトップへ
法律相談は司法書士望月久事務所
静岡県藤枝市、焼津市、島田市、静岡市を対応
電話でのお問い合わせ 無料相談(フォーム)はこちら
HOME » 建物新築